02

Multi-layer house

competition draft

背面側に豊かな緑地帯を望みながら、道路側からは背面が見えないという好条件の狭小地住宅.

道路側からの開口部のプライバシー確保と空間をいかに広く利用できるかという事が求められ

距離感を保ちながら機能部を集約させる計画が望ましい.

1階エントランス土間は多目的に使用し,スキップフロアなど段差を利用した空間構成

キッチン・ダイニングをシンプルで大きくとり最大限に広く感じる居住空間

3階にプライベートリビングを配し、個室としての利用も可能な多様な使い方が可能な

タテにつながる重層-Multi-layer-の家

3D image